長岡城を元に造られた郷土資料館

河井継之助とは

河井 継之助は、1827年1月27日(文政10年1月1日)に河井家の長男として生まれた。
江戸に出て学び、120石取りの藩士の身から異例の出世で、長岡藩の上席家老となり、藩政改革を断行し、雄藩も目を見張る近代武装を成し遂げ、戊辰の戦いでは軍事総督になった。

戊辰戦争では

中立を唱えたが受け入れられず、軍事総督となった継之助は、巧みな戦術で敵を惑わせ、一旦は敵の手に落ちた長岡城を、奇襲で奪還。

悲運の最期

敵の兵力には勝てず、再度の落城で河井継之助率いる長岡軍は会津へ向かうが、途中塩沢村(現在の福島県只見町)で河井継之助は悲運の最期を遂げた。

最新ニュース

サイトMENU

Copyright (C) 2007 河井継之助 All Rights Reserved.
【おすすめサイト】 カーテン 激安 プリザーブドフラワーギフト 利尻ヘアカラー yahoo アコムマスターカード 
健康食品