北越戦争前の長岡藩

小千谷会談が決裂した後に、河井継之助は「長岡藩は奥羽列藩同盟に参加する」と述べ、武力をもって薩長を阻止する決意を固めた。旧幕府軍の会津藩や桑名藩、水戸藩の軍勢があちこちで新政府軍と衝突を繰り返し始めた。そして、長岡藩も新政府軍と戦火を交えることになるのだが、その当時の長岡藩の内情は次のような状況だった。長岡藩の規模は7万4千石。内高は約14万石の藩の規模からすると中程度の藩である。そして、この時期になっても長岡藩のなかでは、藩論が統一されていなかった。まず、稲垣平助茂光(家老首座連綿)は敵前逃亡。他の上級家臣は新政府軍に恭順を主張したが、藩命に従った。そうやって、藩主の絶大な信頼を得ている河井継之助が、新政府軍との開戦にあたって、全権を掌握するようになった。当時の、河井の役職は家老上席であり、軍事総督だった。ただし、先法御三家はは家柄によって河井継之助の命令や支配を受ける必要はなかったので、藩主が位置する本陣にいて、藩主を守ることに努めた。また、長岡藩の兵士たちは、外国から購入した近代的な最新兵器を装備し、よく訓練されていた。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 河井継之助 All Rights Reserved.
健康食品